カードローン総合情報

カードローンを正しく選ぶポイントについて

数字

カードローンを正しく選ぶには内容を比較して選ぶ方法が望ましく、今後の生活に有意義に活用できる方法を考えて選ぶ方法が望ましいです。カードローンを有意義に活用するには今後の生活につながるように目的を考えて利用する方法が最適であり、今後の収入を考えて正しく選ぶことが大事です。

 

カードローンを比較するには金利や利用できる金額を正しく判断する方法が望ましく、今後の生活のスタイルを考えて選ぶ方法が望ましいです。カードローンは一時的にお金を借りて利用することができ、今後の生活につなげるようにする方法が効果的です。

 

カードローンを正しく選ぶには利用者の体験談やランキングサイトを参考にする方法が最適であり、今後の生活を豊かにする方法を考えて選ぶ方法が望ましいです。カードローンをうまく活用するためには仕組みや目的を正しく考えてから選ぶ必要があり、今後の収入の見込みを考えてから今後の生活につなげられるように目的を考えて選ぶことが重要です。

 

 

 

・最高水準のカードローン

 

住信SBIネット銀行 ネットローン プレミアムコースは、数あるカードローンの中でもトップクラスに品質が高いとされているカードローンです。

 

特に金利面での充実度は凄まじいものがあり、金利下限は3.5%、上限は10%に留まっています。一般的なカードローンの金利は4.5%〜15%ほどが平均的であることを考えると、住信SBIネット銀行 ネットローン プレミアムコースの金利水準の低さが理解できるかと思います。

 

また、融資限度額も700万円と高所得者でも納得の金額に設定されており、高額な買い物をしたいといった場合にも安心して利用することができます。

 

また、カードローンの利用というと「家族にバレたくない」という方も多いかと思いますが、住信SBIネット銀行 ネットローン プレミアムコースはそうした点にも配慮しています。例えば、利用明細の郵送は行われず、必要がある場合に自身でネット上から印刷する形となっているため、突然自宅に明細書が送られてくるといった心配もありません。

 

 

 

・カードローンの金利について学ぶ

 

金利って色々と複雑でよくわからないです。少し前までは、対して金利については考えもせずお金を借りていました。お金を借りられるのか借りられないのか、私にとって重要なのはその一点のみだったのです。

 

金額が大きいほど金利が小さくなるのだということも知りませんでしたから、何故自分はいつも上限の方の金利なんだろうとは思っていましたが、ほんの数%の差は問題にならないだろうとか楽観的な考えでいました。

 

そんな私が今までトラブルに巻き込まれなかったのは幸運としか言いようがないですが、これからもそのラッキーが続くとは限らないので、少し勉強をしていこうと思っています。金利も含めてお金を借りるということは、手軽なように見えて色々複雑な取り決めがあるものですが、そういったものも全て把握していければいいと感じます。

 

とりあえずは実質年率とアドオン金利の違いを早いところわかるようになって、実質年率というものがどれだけ重要なものなのかを理解していこうと考えています。

カードローンを正しく使う方法とは

カードローンを正しく使うには今後の目的を考える必要があり、今後の生活に役立つように計画を立てる方法が望ましいです。一時的にお金を借りて利用できることが特徴であり、生活の必需品の購入など今後の生活に役立つ方法を考えることが重要です。

 

カードローンを正しく使うためには利用者の体験談を参考にする方法が望ましく、今後の生活のスタイルを考えて目的を考える方法が効果的です。カードローンを正しく使うには今後の返済計画を正しく考える必要があり、内容を比較してから選ぶ方法が望ましいです。

 

カードローンを有意義に活用する方法は生活に役立つように目的を考えて利用する必要があり、今後の収入の状況を考えてから正しい金銭計画を考えると効果的です。カードローンを選ぶには金利の金額や利用できる金額を考える必要があり、今後の返済計画を正しく考える方法が望ましいです。

 

カードローンの正しい使い方は今後の生活を考えて目的を決めることであり、今後の人生に役立つように考える必要があります。

最大限にお金を借りたいならみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、メガバンクの1行であるみずほ銀行が提供しているカードローンサービスです。

 

みずほ銀行カードローンの最大の特徴は、業界最高水準の融資限度額です。その額はなんと1000万円となっており、利用用途の制限がないカードローンでは、トップと言っても過言ではありません。

 

また、銀行系カードローンですから、金利面でも消費者金融系のカードローンに比べると優遇がなされています。例えば、1000万円の借り入れであれば、下限金利が適用され4%とかなりの低金利となります。また、上限金利も14%とそれほど高くはありませんので、少額の利用であっても金利負担をあまり心配する必要はないと言って良いでしょう。

 

また、みずほ銀行カードローンのもう1つの特徴として、安心感の高い銀行系カードローンでありながら、非常に審査のスピードが早いという点が挙げられます。申し込みは24時間受け付けており、なんと最短、即日のうちに利用することが出来るケースもあるため、すぐにまとまったお金が必要という方にもオススメです。

何回も利用しているカードローン

やじるし

私は今までに何回もこのカードローンを利用しているのです。そのたびに、今回で終わりにしようと思っています。でも気が付いたらまた利用しています。それほどまでに、何度も利用しているのです。

 

普段はあまり現金を持ち歩く事はありません。でも私はカードだけは持っているのです。だからいつでも気軽に、カードを出しているのです。

 

そんな感じで毎日財布には一枚のカードが入っているのです。このカードで何でも買い物ができるので、本当に便利で素晴らしいと思えるのです。

 

私はいわばカードローンのお得意様なのです。こんなにも利用を続けているので、きっとこれからも何度も利用をしていくでしょう。

 

高価なものはもちろん、安いものでもお金を持っていないとすぐにカードを差し出しています。これが基本のスタイルになってきているのです。

 

毎回の買い物でも使っているように、これはまるで私の現金の一部になっているみたいです。一つ気を付けている事があります。それは返済をしっかりとする事です。

 

 

・カードローンと取り立てについて

 

カードローンに限ったことではありませんが、ローン会社から借りたお金を返済できない、いわゆる返済不能な状態となった場合、取り立て屋が来るのではと心配する人もいるかもしれません。しかし、金融業者の取り立て行為は貸金業法で細かく制限されており、制限されている行為をした場合は、営業停止処分や貸金業登録の取り消しなど、金融業者にとって不利益となる行政処分が下されますので、心配するような厳しい取り立てを受けることはそうあるものではありません。

 

もちろん、返すべきお金を返さなければ、請求の郵便物や電話での状況確認・催促、または適正な時間帯での訪問面談などはありますので、返済に向けて前向きに取り組む必要はあります。しかし、金融業者が行う取り立ては、債務者の私生活や仕事の平穏を脅かすような威迫的なことはできないように制限されているということです。

 

ただし、カードローン等の借金が返済できなくなったということは、返済計画の甘さを含めて反省するべき点はたくさんあります。

 

通常、約定日に返済できなくても、遅れて返済できる場合は「請求・督促」の段階でストップしますが、口頭でいつまでに送金するとしながらも、払えない、または払おうとしないでいると、債権者から「内容証明郵便」が届き、記載された期日までに支払えない場合は、法的手続きに移行する旨が書面で知らされます。そして、返済できない場合は、少額訴訟、支払督促、民事調停、最終手段として訴訟となることもあります。

銀行のカードローンの魅力

ここ数年で、銀行のカードローンを使う人が増えてきています。お堅いイメージの銀行融資ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

 

銀行のカードローンの魅力は、高額で長期間融資が可能なところにあるでしょう。さらに目的が決まっている融資なら、目的別ローンを使えます。

 

 

 

フリーローンよりも、低金利で利用出来る場合が多いのです。リフォームローンやブライダルローンなど、種類も豊富ですからチェックしてください。

 

 

 

また、銀行のネットバンキングを使えば、簡単に融資の申込みができるようになりました。長期利用だけでなく、短期で融資を受けたい場合も、銀行のカードローンは使いやすくなりました。

 

 

 

さらに銀行は、総量規制の対象外ですから、年収がいくらでも融資を受けられる場合が多いのです。もちろん個人差はありますが、高額の場合はぜひ利用したい金融機関です。

 

 

 

銀行のカードローンには、以上のようなメリットがあります。自分の借りたい金額と相談して決めてくださいね。

文房具も買えない時期にカードローンを

一度大学を中退しレベルの高い大学に入り直すべく、アルバイトをしつつ浪人生活をしていた時にカードローンでお金を借りました。

 

昔から浪人生活はお金が無いイメージがありますが、自分も決して裕福ではない家の出身ですので、アルバイトをして自活しつつ勉強をしなければならず、参考書を買うお金どころか筆記用具のお金にも困っていました。

 

友達から、誕生日プレゼントは何がいいかと聞かれれば100円のノートとペン、と答える位の生活ぶりでした。

 

欲しい参考書は分厚く、かなりの高額だったために初めてカードローンと契約をして、お金を借りることを経験しました。

 

20歳以上の浪人生であっても無職だとカードローンとの契約は難しくなるそうなのですが、アルバイトをしていたために契約可能となりました。

 

お金に困った生活をしていたために借りた事で手元に入ったお金は使っておきたい、と飢餓感からノートや筆記用具もついでに買い揃えましたが、これからは文房具に困らない、参考書があるから当分は勉強ができる、という安心感も一緒に買う事ができました。

 

 

 

・カードローンを申し込む前に必要な書類について

 

 

総量規制の対象外となる銀行では、利用限度額が100万円以下のカードローンは、申込者本人の収入を証明する書類の提出を求められない場合もありますが、総量規制対象のカードローンの場合は、利用限度額が50万円を超えるカードローンや、他社との合計額が100万円を超える場合は、収入を証明する書類の提出が求められます。また金融機関や貸金業者から、お金を借りる場合は、利用限度額にかかわらず、本人確認書類が必要となります。

 

まず、収入を証明する書類についてですが、たしかに、希望する利用限度額によっては、収入を証明する書類を提出しなくても良い場合がありますので、ほかに借り入れがなく、希望しているカードローンも30万円限度のものなので、収入証明はあまり関係ないかもと思う方もいるかもしれません。しかし、提出しなくても良い場合でも、お金を貸す側から提出を求められた場合は、これを出さないと審査を進められません。ですから、上限額が低いカードローンを希望している場合でも、求められたら、いつでも提出できるようにしておくべきですし、口頭の申告などで、事実と違う年収を伝えたりはしないようにしてください。

 

とくに銀行のカードローンの場合は、収入を証明する書類の提出は求められることが多いので、そのつもりでいたほうが良いでしょう。

 

便利になったカードローン申し込み

ハート

予期せぬハプニングが重なって、まとまった現金が必要になるときがあるでしょう。そんなときは、虎の子や貯金があれば、用意できるかもしれません。ただなかには、カードローンという方法をチョイスする場合もあります。

 

 

 

カードローンは、印象が良くないと思う人もいるかもしれません。ただ、賢く使えば困ったときには役立ってくれます。審査の方法もとても簡単になりました。

 

 

 

もしも、家から出られない場合は、インターネットから審査を受けることが可能です。操作も簡単で、最短30分でお金を調達することもできます。急な場合は助かるサービスです。

 

 

 

ネット環境がない場合でも心配いりません。電話を使って融資の申請ができます。なかには、24時間フリーダイヤル回線を用意している便利なローン会社もあります。時間を気にすることなく、申し込めます。

 

 

 

このように、カードローンの申込みはとても簡単です。急ピッチで融資が必要なときも重宝しますから、ぜひ利用してください。

 

 

より低金利を狙う方法

カードローンは低金利で利用できるというのは知られていますが、金利をさらに引き下げることも十分にできます。その方法としては、まずカードローンの利用限度額を高くすることです。限度額を増加させることによって、金利はより低いものが採用されるようになります。従って同じ金額でも低金利になることは多く、とても利用しやすい環境を手に入れることが出来るのです。

 

また予め多く借りて、すぐに返済して金利を減らすという方法も利用できます。これは返済方法が引き落とし以外のカードローンに利用出来る方法で、ある程度金利が低くなる状態まで借りて、翌日あたりに返済して減らしてしまうのです。これなら適応されている金利は低いままなので、利息の発生を抑えられるのです。

 

カードローンは賢く使って少ない利息に抑えるということが必要であり、これが出来るということはとてもカードローンが使いやすくなっていることでしょう。単純な使い方を考えるよりも、まずは使い方を重視すべきです。

カードローンはフリーローン

ローンを大きく分けると、目的ローンとフリーローンがありますが、カードローンはフリーローンのひとつです。

 

ちなみに目的ローンとは、自動車ローンや教育ローンなどの資金使途が限定されるローンのこをと指します。

 

フリーローンは、資金使途が限定されません。

 

自動車ローンで得た資金は自動車購入資金にしか使えませんが、フリーローンは、旅行に使っても良いですし、借り換えに使っても構わないわけです。しかし、資金使途が限定されないフリーローンは、目的ローンより金利は高めに設定されます。カードローンも同様です。何に使っても構わないですが、金利は目的ローンより高くなる。これが、カードローンの基本です。

 

そしてもうひとつの特徴は、カードローンは限度額内で何度でも借りたり返したりができます。

 

返済方式はいろいろありますが、基本的には、利用残高に応じて毎月5千円や1万円など、あらかじめ決められた返済額に基づいて返済を続ける残高スライド定額リボルビング方式が主流です。そしてカードローンは、毎月の返済を続けているかぎり、限度額内であれば、何度でも引き出して使えるのです。

 

もちろん利用残高がゼロになったり、まったく利用していなければ返済は発生しません。カードローンをつくる方には、万一の資金不足に備えてという方もいますし、住宅ローンの優遇金利を利用するために、融資先の銀行のカードローンをつくる方もいます。しかし、カードローンをつくったけれど、全然使っていないなら、当然ですが返済は発生しません。

 

 

・カードローンとキャッシングの違い

 

キャッシングというのは短期で借りる小口融資のことで、いちばんなじみのあるキャッシングと言うと、クレジットカードに付帯している融資機能です。クレジットカードはもともと旅行などに多額の現金を持ち歩く危険を防止するためのトラベラーズチェックが進化したもので、いわゆるショッピングクレジットのためのカードでした。しかも翌月一括払いが基本です。現在でもアメックスなどは一括払いが基本で、リボ専用カードとは別に発行されており、カードフェイスも違います。

 

そんなクレジットカードにも、小口の現金を引き出せる機能がつくようになり、これも一括払いで返済するのが基本でした。したがってキャッシングというのは、多くても50万円ぐらいまでの小口融資のことを指し、1万円単位の少額から借りることができてで、返済も一回で返してしまうというものを言います。

 

一方カードローンは、少ないものだと数十万円程度ですが、大きい金額になると数百万円までの大口融資となります。基本的に金額が大きくなりますので、返済方法はリボルビング払いとなるのが一般的です。

 

カードローンは、銀行によってさまざまですが、基本はカードーローンの専用口座と普通預金の口座があり、毎月の返済は普通預金の口座から引き落とされます。引き落とされる金額は、カードローンの残高によってスライドしていきますが定額のリボルビング払いとなるのが一般的です。

カードローンと消費者金融の違い

トロフィー

サラ金、消費者金融のローンも仕組みとしてはカードローンと同じですが、中小の消費者金融のローンのなかには、一度借りたら返済するだけで、枠内融資を受ける場合は、その都度審査を受ける必要があるものが最近は増えています。これは、債務者の与信をその都度チェックすることで、返済不能に陥らないようにするためでもあり、債権者も貸し倒れのリスクを抑えられます。

 

しかし、カードローンの場合、一度与えられた限度額は、よほどのことがない限り減額されることはありませんし、枠内であれば審査なしでいつでも自由に引き出せます。このことは当たり前のことと思っている方もいるでしょうが、返済によって借りられる枠ができても、それを利用するのに毎回審査を受けて、契約更新しなければならないローンとくらべると、非常に大きなメリットになります。

 

しかし、枠内であればいつでも自由に引き出せるということで、カードローンに対して借金の感覚が薄れてしまうというデメリットもあります。一度カードローンをつくると借りる返すをずっと繰り返してしまい、なかには、それを何十年も続けている方もいます。こうなると、金利だけで相当な金額を支払っていることになり、大きな損失です。カードローンは借りているかぎり、立派な借金ですから、解約しないまでも、利用残高ゼロの状態に早めに戻しておくことが、賢い使い方です。枠内ならいつでも借りられるというメリットは、デメリットと背中合わせであることを忘れてはいけません。